2021.09.25

分かっていても、ついやってしまうことは?

こんなことはありませんか?
例えば、
①子どもが夜中までゲームをやっていて、「早く寝なさい!明日の朝は起こさないわよ!」と毎晩怒鳴る。

②ご主人が帰宅すると靴下を廊下に放り出し、「もう!靴下は洗濯カゴに入れてよ!」

③ワンちゃんが、あなたといる時にご主人が部屋に入ってきたら猛烈に吠える。

何度も何度も繰り返していても、別の方法を考えることも出来ず、悪循環を繰り返してしまうこと、ありそうですね。

そんな時に、こんな方法が参考になるかもしれませんよ。
 まずは、今まで解決策としてとっていた行動を変えることです。解決策だと思っていても、それこそが、問題を長引かせているのです。とにかく、違ったことをやってみましょう。

①の場合
・寝る時間になったら、静かに優しく声をかける。そして、朝は起こさない。
・母親(父親)が、自分の好きなことを夜中まで(明け方まで)やって、寝坊する

②の場合
・ご主人の帰宅時間に洗濯カゴを玄関に置いておく
・ご主人の靴下を洗濯カゴに入れるたびに、カレンダーにシールを貼り、ポイントを貯める。ポイントを好きなことに使う。
 ポイントが貯まるので、靴下を脱ぎ散らかしても嬉しくなる?(あなたの対応が変わるはず)
 
 ③の場合
 ・今まではワンちゃんが吠えると、あんたはワンちゃんを抱きしめました。しかし、ワンちゃんが吠えたらご主人を抱きしめる。
 
 
 ①~③は悪循環を切る、今までとは違った行動です。相手が「えっ???」と少し驚き、思考が混乱します。そして、相手が今までと違った行動をとる可能性があります。
①の場合は、お母さん具合が悪いのかな?すごく怒っているのかな?と今まで考えもしなかったことに意識が向くかもしれません。

②の場合は、あなたはポイントが貯まるといいことがあるので、靴下脱ぎ散らかしを見ても、「ヤッター」と思って表情が今までとは打って変わるかもしれません。それは、ご主人に新しい刺激となり、行動が変わる可能性があります。

③の場合は、ワンちゃんは吠えれば抱きしめてもらえたのに、吠えたら入ってきた旦那さんが抱きしめてもらえるの???と相当に混乱します。そして、吠えなくなるかもしれません。

どうですか?
今まで解決策と思ってやっていた行動を変えてみませんか?